コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋腫 きんしゅmyoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筋腫
きんしゅ
myoma

平滑筋ともいう。多くは平滑筋から発生する境界鮮明の結節状の良性腫瘍子宮に多発するほか,消化器特に胃の筋層,まれには皮膚,卵巣などにもみられる。組織学的には平滑筋線維束が交差して増殖し,膠原線維の増加も伴う。同じ筋腫でも,横紋筋由来の良性の横紋筋腫はきわめてまれな病変である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐しゅ【筋腫】

筋肉にできる良性の腫瘍(しゅよう)。多くは平滑筋に生じ、子宮筋腫が最も多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筋腫【きんしゅ】

筋組織から発生する腫瘍(しゅよう)。横紋筋腫は悪性であるが,きわめてまれで,舌や心臓などに生ずることがある。平滑筋腫はしばしばみられるが,良性で,それ自体としては生命の危険はなく,手術による予後も良好。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

きんしゅ【筋腫】

 筋腫とは、文字どおり筋肉から発生する腫瘍(しゅよう)(おでき)のことです。筋肉には、手足などを動かす横紋筋(おうもんきん)と、心臓や胃腸などを動かす平滑筋(へいかつきん)の2種類がありますが、筋腫の多くは平滑筋から発生し、このうち子宮はもっとも筋腫のできやすい臓器です。
 腫瘍には、良性と悪性、そして境界悪性といわれるものがあります。筋腫は、一般的に良性のものをさしており、悪性のものは肉腫(にくしゅ)(筋肉腫)といって区別します。肉腫は数こそ少ないのですが、手術前に筋腫と見分けがつかないことが多く、術後摘出物(てきしゅつぶつ)の顕微鏡検査(病理検査)で初めてわかることがかなりあります。筋腫は周囲の筋肉と境界がはっきりしており、半年くらいでは、それほど急激に大きくなりません。したがって急激に増大するような場合は、肉腫を疑って、早めに手術をしたほうがよいでしょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

きんしゅ【筋腫】

筋肉にできる良性の腫瘍しゆよう。大部分は平滑筋、まれには横紋筋から生ずる。 「子宮-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筋腫
きんしゅ

筋肉組織から発生する腫瘍(しゅよう)で、良性の非上皮性腫瘍に含まれ、平滑筋線維からなる平滑筋腫と、横紋筋線維からなる横紋筋腫とに分類される。平滑筋腫は球状ないしは塊状で、横に切ってみると、いわゆる唐草(からくさ)模様が明瞭(めいりょう)であるが、顕微鏡下では、種々の方向に走る平滑筋線維からなることがわかる。平滑筋腫は子宮に発生することがもっとも多く、消化管の筋層などにもしばしば発生する。子宮筋腫は30歳以上の女性にみられ、月経が閉止する時期の前にもっとも大きく発育する。臨床症状を現さないこともあるが、大きいものでは圧迫症状や不正出血、月経過多による貧血、心臓拡張などの筋腫心とよばれる状態を示す。子宮筋腫の中に子宮内膜組織を認めることがあるが、これは腺(せん)筋腫とよばれる。一方、横紋筋腫はグリコーゲンに富み、心筋、舌、食道などにみられるが、まれな腫瘍である。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

筋腫の関連キーワード過多月経の原因別分類子宮筋腫と子宮腺筋症女性疾病入院特約集束超音波治療機能性子宮出血不正性器出血性器不整出血胆嚢良性腫瘍月経前緊張症結節性硬化症子宮内膜症子宮摘出術月経困難症小腸腫瘍不正出血食道腫瘍リコピン子宮体癌子宮肉腫繊維腫

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋腫の関連情報