コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季御読経 きのみどきょう

世界大百科事典 第2版の解説

きのみどきょう【季御読経】

宮廷仏教年中行事の一つ。宮中において毎年春秋の二季,2月と8月,衆僧によって大般若経を転読する儀式。729年(天平1)4月8日が起源と伝えられ,貞観(859‐877)のころより,毎年行われていたという。また,摂関期には藤原道長の邸においても行われており,道長の日記《御堂関白記》には,宮中の行事を季御読経,道長邸のそれを季読経と書いている。また,平安時代には,4日間行われることが多く,2日目に引茶(ひきちや)を僧および侍臣等にたまうことがあり,3日目は論義を行っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

季御読経の関連キーワード紫宸殿貞慶法会

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android