コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季御読経 きのみどきょう

1件 の用語解説(季御読経の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きのみどきょう【季御読経】

宮廷仏教年中行事の一つ。宮中において毎年春秋の二季,2月と8月,衆僧によって大般若経を転読する儀式。729年(天平1)4月8日が起源と伝えられ,貞観(859‐877)のころより,毎年行われていたという。また,摂関期には藤原道長の邸においても行われており,道長の日記《御堂関白記》には,宮中の行事を季御読経,道長邸のそれを季読経と書いている。また,平安時代には,4日間行われることが多く,2日目に引茶(ひきちや)を僧および侍臣等にたまうことがあり,3日目は論義を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

季御読経の関連キーワード建武年中行事年中行事年中行事絵巻鴨猟時令水馬世界定め鶴の御成年中行事の障子相撲節会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone