コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転読 てんどく

3件 の用語解説(転読の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転読
てんどく

経典を読誦すること。また経典の一語一句を読誦する真読に対して,経典の初,中,後の数行を読んで経本を転回し全巻を読誦したものとすること。『大般若経』 600巻の転読はよく行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんどく【転読】

( 名 ) スル
〘仏〙
法会において、経の題名と初・中・終の数行を読み、経巻を繰って全体を読んだことにする読み方。大部の経典、ことに大般若経で行われる。略読。転経。 ↔ 真読
経典をきちんと読むこと。読経。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転読の関連情報