コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転読 てんどく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転読
てんどく

経典を読誦すること。また経典の一語一句を読誦する真読に対して,経典の初,中,後の数行を読んで経本を転回し全巻を読誦したものとすること。『大般若経』 600巻の転読はよく行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

てんどく【転読】

( 名 ) スル
〘仏〙
法会において、経の題名と初・中・終の数行を読み、経巻を繰って全体を読んだことにする読み方。大部の経典、ことに大般若経で行われる。略読。転経。 ⇔ 真読
経典をきちんと読むこと。読経。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

転読の関連キーワード大般若波羅蜜多経国分寺(寺)修多羅供銭季の御読経大般若転読大般若経会仏教行事二箇法要季御読経舎利菩薩禅林寺正税帳目連記法華法倶舎宗経巻読経法会納経基蔵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転読の関連情報