コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衆僧 シュウソウ

世界大百科事典内の衆僧の言及

【大衆】より

…法要の主宰者(導師など)の下で,声明(しようみよう)の斉唱,楽器を奏する役,進行役,随伴役など種々の役割を分担する。法要の出勤者を指す職衆(しきしゆう),衆僧,列僧などもほぼ同様の意味合いである。声明の斉唱者集団は,讃衆,散花(さんげ)衆,梵音(ぼんのん)衆,平(ひら)衆などと称することもある。…

※「衆僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

衆僧の関連キーワード黄檗料理・黄蘗料理監寺・監主・監守尊円入道親王季の御読経百万遍念仏百丈清規季御読経盂蘭盆経典座教訓伊勢王百万遍内道場海印寺大茶盛精霊会威儀師御斎会総在庁海潮音教懐

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android