衆僧(読み)しゅそう

精選版 日本国語大辞典「衆僧」の解説

しゅ‐そう【衆僧】

〘名〙 大勢の僧侶衆徒(しゅと)。しゅうそう。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「食分衣分地を持者、衆僧等為衣食而、学習仏教令継後代と誓願賜き」
※咄本・軽口露がはなし(1691)三「所の衆僧(シュソウ)の申は、『此塔へ出入する事かたく禁制』」 〔杜荀鶴‐贈老僧詩〕

しゅう‐そう【衆僧】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の衆僧の言及

【大衆】より

…法要の主宰者(導師など)の下で,声明(しようみよう)の斉唱,楽器を奏する役,進行役,随伴役など種々の役割を分担する。法要の出勤者を指す職衆(しきしゆう),衆僧,列僧などもほぼ同様の意味合いである。声明の斉唱者集団は,讃衆,散花(さんげ)衆,梵音(ぼんのん)衆,平(ひら)衆などと称することもある。…

※「衆僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報