コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学校教育職員の給与等に関する特別措置法 がっこうきょういくしょくいんのきゅうよとうにかんするとくべつそちほう

1件 の用語解説(学校教育職員の給与等に関する特別措置法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学校教育職員の給与等に関する特別措置法
がっこうきょういくしょくいんのきゅうよとうにかんするとくべつそちほう

正式には「国立及び公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」という。昭和 46年法律 77号。この法律は,懸案とされていた教育職員の超過勤務問題の解決をはかるため,国立および公立の義務教育諸学校などの教育職員の職務と勤務態様の特殊性に基づき,その給与その他の勤務条件についての特例を定めたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学校教育職員の給与等に関する特別措置法の関連キーワード義務教育就学義務義務教育費国庫負担制度少人数学級編制退学義務教育標準法義務標準法教科書無償措置法韓国の学校教育制度学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教育職員の人材確保に関する特別措置法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone