コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事院 じんじいん national personnel authority

7件 の用語解説(人事院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人事院
じんじいん
national personnel authority

国家公務員法によって設置された中央人事行政機関 (3~25条) 。初め臨時人事委員会として発足したが,1948年 12月に人事院と改称された。その設立の目的は,官僚制の民主化,政党勢力に対する人事行政の公正化,統一的人事行政の実施などであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

人事院

国家公務員法に基づき、公務員制度を公正かつ能率的に運用するために設けられている中央人事行政機関。人事院は、内閣の統括の下に置かれているが、公務員制度への政治の介入を避けるために、高度の独立性が保障されている。人事院は、内閣が衆参両院の同意を得て任命する3人の人事官を最高意思決定機関とする合議制機関であり、人事官のうちの1人が人事院総裁に選任される。人事官の下に事務総長を長とする事務局が置かれる。人事官の任命に当たっては、厳しい制約が課されており、そのうちの2人が、同一の政党に属していてはならないし、また同一の大学学部を卒業したものであってもならない。人事院の権限は、人事規則の制定、給与基準の立案と改定案の立案、公務員試験の実施と任免、不利益処分についての救済申し立ての審査などであり、人事行政の全般にわたって、準立法機能と準司法機能を持っている。

(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんじ‐いん〔‐ヰン〕【人事院】

内閣所轄の中央人事行政機関。国家公務員の給与その他勤務条件の改善および人事行政についての勧告、試験および任免、職員の利益保護など人事に関する行政事務を担当する。昭和23年(1948)設置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

人事院【じんじいん】

官僚制度民主化のため,政党勢力に対する国家公務員人事行政の中立性維持と,公正で一元的な運営の保障を目的とする中央人事行政機関。1948年設置。国家公務員の勤務条件その他人事に関する利益を保護し,官吏の任用,給与に関する勧告などを行う。
→関連項目天下り行政委員会公平委員会公務員試験国家公務員法人事院規則

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じんじいん【人事院】

第2次大戦後,日本官僚制の近代化と民主化のために設けられた中央人事行政機関。当初は,臨時人事委員会として設立されたが,1948年の国家公務員法の改正により人事院に改組され,規模,権限が拡大強化された。設立の目的は,一般職国家公務員について,第1に戦前のような各省ごとの割拠主義的人事行政を打破し,また政党勢力に対して人事行政の公正化を保ち,科学的人事行政を実施することである。さらに第2に労働基本権の制約に対する代償として,公務員の福祉および利益を図ることである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じんじいん【人事院】

国家公務員の勤務条件の改善の勧告や職階制・任免・懲戒・苦情処理などに関する事務を取り扱う中央人事行政機関。内閣の所轄の下にあるが、人事行政の公正・統一を図るために、独立して権限を行使する。1948年(昭和23)設置。 → 人事官

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人事院
じんじいん

一般職国家公務員の給与その他の勤務条件の改善および人事行政の改善等の事務をつかさどる内閣所轄の中央人事行政機関。国家公務員法(昭和22年法律第120号)により設置された。当初の名称は、臨時人事委員会で、1948年(昭和23)の同法改正により人事院となった。3人の人事官(そのうちの1人は人事院総裁)によって組織される合議制機関。
 国家公務員法は、人事院の独立性を確保するため、人事官の身分保障(8条)、内部機構の人事院による管理権(4条4項、国家行政組織法は人事院には適用されない)を規定している。人事院は、行政的権限のみでなく、準立法的権限および準司法的権限を行使する。法律によって人事院が処置する権限を与えられている部門については、その決定および処分は人事院によってのみ審査される。主たる行政的権限としては、人事院が行う勧告(給与勧告等)がある。これは国家公務員の労働基本権の制限に対する代償措置として重要である。準立法的権限として、人事院規則を制定する。人事院規則については、それが国家公務員の政治的行為の禁止を定めていることの違憲性、また、国家公務員の労働条件が広範に人事院規則によって詳細に定められていることなどが批判の対象ともなっている。準司法的権限としては、国家公務員に対する不利益処分の審査と勤務条件に関する措置要求の判定がある。なお、2010年(平成22)の時点で、国家公務員に対する労働基本権への付与の問題も含め、国家公務員制度改革の議論が進行している。[平田和一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の人事院の言及

【人事院勧告】より

…1948年改正の国家公務員法にもとづいて設置された人事院は,人事行政の改善や,関係法令の制定改廃に関して,国会および内閣に勧告ないし意見の申出をする権限を有する。とくに職員の給与等の勤務条件に関しては,職員の団体交渉権および争議権が否認されているため,その代償措置として,必要に応じて改訂を勧告(人事院勧告)する権限を有している。…

※「人事院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

人事院の関連キーワード教育公務員特例法国家公務員法公務員改革法国家公務員倫理規程国家公務員倫理法二種試験公務員制度改革国家公務員の政治活動公務員の政治的行為国家公務員法改正

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人事院の関連情報