コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習の転移 がくしゅうのてんいtransfer of learning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学習の転移
がくしゅうのてんい
transfer of learning

心理学用語。以前に行われた学習がのちの学習に影響を及ぼすこと。学習の移行 (波及) ともいう。前の学習によりのちの学習が促進される場合を正の学習転移,阻害される場合を負の学習転移という。ヨーロッパでは古くからあまり実用的でないギリシア語ラテン語などの課目が重視され,これらの課目を学ぶことにより一般的な知的能力が促進されるとする形式陶冶説がとられてきたが,学習の転移の問題はこの主張の是非の議論に由来するといわれる。実験的な検討により,学習転移には前後して与えられる学習材料間の類似性,学習に要する反応の類似性,あるいは学習の構えなどの一般的要因が影響することが明らかにされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の学習の転移の言及

【学習】より

…したがって年齢や能力の低い者には,分習法が有利だといわれている。(5)学習の転移 以前の学習が別の内容についての学習に影響を及ぼすことを〈学習の転移〉という。転移には,前の学習が後の学習を促進させる正の転移と,逆に妨害する負の転移とがある。…

※「学習の転移」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

学習の転移の関連キーワード転移(精神分析)思考練習

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android