コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習機能 がくしゅうきのう

4件 の用語解説(学習機能の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

学習機能

1度行ったことを記憶し、次回は、記憶をふまえて処理を適切に行う機能のこと。たとえば、ワープロかな漢字変換では、ユーザーの使用頻度により同音異義語の表示順を変更する機能が、これに当たる。頻度による学習機能を、頻度学習とも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がくしゅう‐きのう〔ガクシフ‐〕【学習機能】

learning functionコンピューターのかな漢字変換において、利用頻度の高い漢字変換や文節の区切りなどの優先順位を随時記録し更新する機能。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

がくしゅうきのう【学習機能】

操作履歴に基づいて効率良く処理できるようにする機能。日本語入力システムにおいて、使用頻度の高い文字列を記憶し、再度同じ文字列を入力する際、変換候補を優先的に表示するかな漢字変換機能が、その代表例。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がくしゅうきのう【学習機能】

ユーザーの操作にしたがってデータの優先順位を変更する機能。例えば、日本語ワープロのかな漢字変換プログラムで、変換候補の表示の順番や出現頻度を記憶する機能をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学習機能の関連キーワード記憶可能性長期記憶保持ヨストの法則海馬(かいば)念根磁気ドラム記憶装置ニーモン記憶力記憶細胞

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学習機能の関連情報