奨励(読み)しょうれい

精選版 日本国語大辞典「奨励」の解説

しょう‐れい シャウ‥【奨励】

〘名〙 ある物事を、よい事として、それをするように人々にすすめること。
経国集(827)二〇・蔵伎美麻呂対策文「既忽良才、不褒賞、何以励来者。勧勤後人者哉」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「ある英学の私塾に通はせ其勤学を奨励(シャウレイ)せる」 〔後漢書‐魏朗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「奨励」の解説

【奨励】しよう(しやう)れい

すすめはげます。〔旧唐書、韓伝〕生まれて三にしてとなり、從兄にはる。自ら子なるを以て、幼にしてしてを學び、奬を俟(ま)たず。

字通「奨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android