コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫臏 ソンピン

デジタル大辞泉の解説

そん‐ぴん【孫臏】

中国、戦国時代の斉の兵法家。同学の龐涓(ほうけん)に才能をねたまれ、両足を切断されたが、のち、斉の威王に軍師として仕え、龐涓の率いる魏(ぎ)軍を破った。→孫子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんぴん【孫臏】

中国、戦国時代の斉の兵法家。孫武の子孫と伝えられる。同門の龐涓ほうけんにその才能をねたまれ両足を断たれたが、のち斉の威王の軍師として龐涓の率いる魏軍一〇万を敗走させて名を知られた。生没年未詳。 → 孫子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


そんぴん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の孫臏の言及

【孫子】より

…日本ではすでに《続日本紀》天平宝字4年(760)の条に《孫子》の記事が見え,江戸時代には荻生徂徠,新井白石,佐藤一斎らの注釈書が出ている。なお戦国時代の斉の孫臏(そんぴん)の兵書も《孫子》といい,近年中国で発見された。【金谷 治】。…

※「孫臏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

孫臏の関連キーワード豎子をして名を成さしむ銀雀山漢墓兵家

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android