コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅磨浄宏 たくま じょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宅磨浄宏 たくま-じょうこう

?-? 南北朝時代の画家。
宅磨派の絵仏師。鎌倉の法華堂地蔵尊をえがく。至徳3=元中3年(1386)武蔵伊奈(埼玉県)法光寺の地蔵菩薩像の彩色をおこなったとつたえられる。法眼

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宅磨浄宏の関連キーワード南北朝時代宅磨派