コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇久氏 うくうじ

世界大百科事典 第2版の解説

うくうじ【宇久氏】

肥前国松浦郡宇野御厨宇久島(現,長崎県北松浦郡宇久町)を本拠とした中世豪族。その出自については諸説があるが,いずれも確証はない。始祖とされている宇久家盛平忠盛の子で,1187年(文治3)に宇久島に下向土着したものとされている。家盛は1233年(天福1)に女子源氏に宇久島内屋敷田畠等を譲ったことが知られる。鎌倉時代正和年間(1312‐17)に宇久披は鎮西探題の使節に任命されており,御家人の地位を得ていたものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宇久氏の言及

【五島氏】より

…肥前国松浦郡五島(現,長崎県南松浦郡)を領有した1万2530石の近世大名。肥前国松浦郡宇久島(現,長崎県北松浦郡宇久町)を本拠とした宇久氏は,1383年(弘和3∥永徳3)宇久覚の代に福江島に移住し,その子勝は本拠を深江(現,長崎県福江市)に定めた。そののち五島を平定し,1587年(天正15)島津征伐のため九州に下向した豊臣秀吉に帰伏し,五島の支配地を安堵された。…

【福江藩】より

…五島藩ともいう。松浦党(まつらとう)の成員であった五島列島北端の宇久氏は,南端の福江島進出を契機として海上貿易権を掌中に収め,有力な在地領主を同族化することによって五島列島の統一に成功し,1587年(天正15)豊臣秀吉の九州征伐後,本領を安堵されて近世大名となった。石高は1万5530石。…

※「宇久氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇久氏の関連キーワード三井楽[町]五島(市)長崎(県)宇久[町]五島純玄五島氏福江藩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android