下向(読み)ゲコウ

  • くだりむき
  • げこう ‥カウ
  • げこう〔カウ〕
  • したむき
  • したむ・く

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 上方から下方に、または上位から下位に向かって行くこと。
※夫木(1310頃)三六「老いが身の山とし高くのぼりきてくだりむきなるさかぞ末なき〈他阿〉」
〘名〙
① 高い所から低い所へおりて行くこと。
② 都から地方へ行くこと。くだること。
※小右記‐寛弘二年(1005)二月二七日「不相府気色不快、任天運下向
※平家(13C前)二「既に十二三日と云ふは、これより殆(ほとんど)鎮西へ下向ござむなれ」
※枕(10C終)一五八「まろは七度詣し侍るぞ。三度は詣でぬ。いま四度はことにもあらず。まだ未(ひつじ)に下かうしぬべし」
〘名〙
① 下の方を向いていること。うつむいていること。⇔上向き
※俳諧・文政句帖‐五年(1822)九月「菊薗や下向は左へ左へと」
※星座(1922)〈有島武郎〉「酌をしながら、美しい眼が下向きに、滴り落ちる酒にそそがれて」
② 物事の調子、勢いなどが衰えてくること。かこう。⇔上向き
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「その時もやっぱり運の下向きの時でしたが」
③ 相場が下がる傾向にあること。⇔上向き。〔取引所用語字彙(1917)〕
※稲の穂(1842‐幕末頃)「少々下直なるを、後に立会たとも下向きに立会た共言」
〘自カ五(四)〙
① 下を向く。
※俳諧・新ありづか(1778頃)「下向くや鳥も柳も水の月〈也有〉」
② 物事の状態や調子が悪いほうに向かう。
③ 相場が下がりはじめる。⇔上向く

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android