コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐美実政 うさみ さねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇佐美実政 うさみ-さねまさ

?-1190 平安後期-鎌倉時代の武士。
伊豆(いず)田方郡(静岡県)大見荘の住人。治承(じしょう)4年の石橋山の戦いから源頼朝にしたがう。奥州攻めで藤原方の由利八郎をとらえた。文治(ぶんじ)6年1月大河兼任(かねとう)の反乱のとき戦死。通称は大見平次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇佐美実政

没年:建久1(1190)
生年:生年不詳
鎌倉初期の武士。伊豆国大見荘の住人。大見平次と称す。治承4(1180)年の石橋山の戦では源頼朝に属し敗走。奥州合戦では,藤原泰衡の郎従由利惟平を捕縛し,武功を立てたが,建久1(1190)年に泰衡の郎党大河兼任が反旗を翻した際に,これと戦い戦死した。

(飯沼賢司)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宇佐美実政の関連キーワード鎌倉時代大見実政没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android