コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇奈比売 うなひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇奈比売 うなひめ

古代伝承上の女性。
執政大臣服部弥蘇(はとりの-みそ)と因幡国造(いなばのくにのみやつこ)阿良佐加比売(あらさかひめ)の娘。「播磨国風土記(はりまのくにふどき)」によれば,仁徳(にんとく)天皇が,おごった生活をしていた因幡(鳥取県)の邑由胡(おおゆこ)らの一族を召喚した際,一行のなかにおり,身分が判明しておくりかえされたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android