コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙ニュートリノ うちゅうニュートリノcosmic neutrino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙ニュートリノ
うちゅうニュートリノ
cosmic neutrino

宇宙線や天体に起源をもつニュートリノ。宇宙線と原子核との衝突で発生した荷電π中間子の崩壊の際に生じるμニュートリノは原子核との相互作用がきわめて弱く,大部分は地球を貫通するが,地下でわずかに生じたμ粒子が観測される。太陽中心部の核融合反応の際に生じる電子ニュートリノの原子核との相互作用はさらに弱い。地下深くに大量の二塩化炭素 C2Cl4 を置くと,37Cl とわずかに反応して放射性同位元素 37Ar をつくり,37Ar の崩壊時の X線が検出される。進化の進んだ段階にある星からは多量の電子ニュートリノが放出され,それによるエネルギー損失は光によるエネルギー損失と比べて炭素燃焼段階では数十倍,酸素やネオン燃焼段階では 1000倍にも達し,星の進化を速める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宇宙ニュートリノの関連キーワードハイパーカミオカンデ東京大学宇宙線研究所宇宙背景ニュートリノニュートリノ天文学放射性同位元素小柴昌俊梶田隆章デービスCNB宇宙線CνB

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android