コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙素粒子物理 うちゅうそりゅうしぶつり astroparticle physics

1件 の用語解説(宇宙素粒子物理の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

宇宙素粒子物理

素粒子の探究を、宇宙から届く情報をもとに進めようという新しい流れ。草分けとして評価が定まっているのは、超新星ニュートリノを岐阜・富山県境付近の神岡鉱山地下で捕まえ、ノーベル物理学賞を受けた小柴昌俊らの研究だ。最近は欧州の物理学界が、この言葉を看板に掲げて域内の国々の連携態勢を整えつつある。この数十年間、素粒子の実験は、人工の高エネルギー世界を加速器でつくりだすことで新しい粒子や現象を見つけてきた。ところが、新発見に必要なエネルギーが高くなりすぎ、予算面などで限界が迫っている。こうしたなかで、加速器を使わない非加速器素粒子物理学が期待を集めていたが、その模索が「宇宙素粒子」という明確な方向性をもち始めたといえよう。ニュートリノや暗黒物質などが探究の標的となっている。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙素粒子物理の関連キーワード宇宙線交換力重力子素粒子物理学対消滅バリオンアイスキューブ原子物理学スペースアートミュー粒子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone