宇治嘉太夫(2代)(読み)うじ かだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇治嘉太夫(2代) うじ-かだゆう

?-? 江戸時代前期-中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宇治加賀掾(かがのじょう)の子。貞享(じょうきょう)のころから父の操り座に出演,のち脇語りをつとめた。宝永8年(1711)2代嘉太夫を襲名,伊勢島宮内(いせじま-くない)の名代(なだい)もついだ。京都出身。前名は宇治宮内。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android