コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治嘉太夫 ウジカダユウ

デジタル大辞泉の解説

うじ‐かだゆう〔うぢカダイフ〕【宇治嘉太夫】

宇治加賀掾(かがのじょう)の初名

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宇治嘉太夫の言及

【嘉太夫節】より

…古浄瑠璃の曲節。1675年(延宝3)京都に一座を興した宇治嘉太夫が始めた。嘉太夫は77年受領して宇治加賀掾となったので加賀節ともいわれた。…

【浄瑠璃】より

…その門下に松本治太夫がある。京で最も注目すべきは宇治嘉太夫(宇治加賀掾)で,天王寺五郎兵衛(後の義太夫)をワキに抱え,細かい節回し,情趣的余情をもつ新鮮な芸風を示した。歌舞伎の廓場を移入し,稽古用に八行大字丸本を刊行,語り物には近松作品も多くみられる。…

※「宇治嘉太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇治嘉太夫の関連キーワード宇治加賀掾伊勢島宮内人形浄瑠璃竹本義太夫野田若狭嘉太夫節加賀節宇治

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android