コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治王 うじおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇治王 うじおう

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)9年(737)内蔵頭(くらのかみ)となり,のち刑部大輔(ぎょうぶのたいふ),中務(なかつかさの)大輔などをつとめる。山背(やましろ)(京都府)の路上で奈良の下毛野(しもつけの)寺の僧諦鏡(たいきょう)らが無礼をはたらいたとして,うちはらったため,仏罰で病死したという。宇遅王ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇治王の関連キーワード氷上川継奈良時代官吏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android