コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏罰 ブツバチ

大辞林 第三版の解説

ぶつばち【仏罰】

仏から受ける罰。ほとけのばち。ぶつばつ。 「 -を蒙る」

ぶつばつ【仏罰】

ぶつばち(仏罰) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の仏罰の言及

【罰】より

…罰には,社会的規範にそむいた者に対して法的制裁を加える刑罰と,倫理的・宗教的規範を犯した者に加えられる超越的な制裁(天罰,神罰,仏罰)の2種がある。前者の刑罰については古くから,犯罪に対する応報的な刑罰と,犯罪の発生を予防するための抑止的な刑罰の2種の考え方があったが,罰として科せられる不快・苦痛の度合にもその考えにもとづいて軽重の差が設けられた。…

※「仏罰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仏罰の関連キーワード伐・抜・拔・末・罰・跋・閥誓文払い宇治王嗷訴ばち

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏罰の関連情報