コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮歌壇 うつのみやかだん

百科事典マイペディアの解説

宇都宮歌壇【うつのみやかだん】

鎌倉時代の地方歌壇。鎌倉歌壇に次いで成立した,最初期の地方歌壇の一つ。娘を藤原為家に嫁がせた宇都宮頼綱〔1172-1259〕と,源実朝との和歌贈答で知られる朝業〔?-1248〕の兄弟に始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の宇都宮歌壇の言及

【宇都宮氏】より

…以来,宇都宮氏は有力御家人の一人として代々鎌倉幕府で重きをなし,伊予,美濃の守護に任じられ,また評定衆,引付衆に列した。蹴鞠,歌道にすぐれた家柄であるが,とくに和歌は〈宇都宮歌壇〉として知られている。さらに1283年(弘安6)に景綱が制定した《宇都宮家式条》は,もっとも古い武家家法として注目されている。…

【下野国】より

…1283年(弘安6)の《宇都宮家式条》は,武家の家法として最も古い。なお宇都宮氏は代々和歌をよくし,〈宇都宮歌壇〉と呼ばれる一大地方歌壇を形成した。小山氏が武門の棟梁とすれば,宇都宮氏は文官的色彩の強い武将であった。…

※「宇都宮歌壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報