コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信生 しんしょう

1件 の用語解説(信生の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信生 しんしょう

?-1248 鎌倉時代の歌人,僧。
宇都宮頼綱の弟。下野(しもつけ)(栃木県)塩谷荘の領主。鎌倉幕府につかえ,将軍源実朝(さねとも)に近侍する。実朝の横死を機に出家し,証空の門にはいる。「新勅撰(ちょくせん)和歌集」以下の勅撰集に14首,「新和歌集」にも作品をのこす。著作に「信生法師集」。宝治(ほうじ)2年死去。俗名は塩谷朝業(ともなり)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信生の関連キーワード藤原信実ケルン大聖堂ケルン大聖堂ロイヤルホールディングス安達景盛鶴林玉露高見山宇都宮歌壇ケルン大聖堂ジョアンビル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信生の関連情報