コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守田有秋 もりた ゆうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守田有秋 もりた-ゆうしゅう

1882-1954 明治-昭和時代の評論家。
明治15年3月5日生まれ。33年山川均(ひとし)と創刊した小雑誌「青年の福音」で皇太子の結婚を論じ,不敬罪で3年間入獄。のち東京二六新聞記者となる。昭和29年1月28日死去。71歳。岡山県出身。東京専門学校(現早大)中退。本名は文治。著作に評論集「自然と人」,小説集「木のはのさゝやき」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

守田有秋の関連キーワード新聞小説早稲田大学尾崎行雄佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫自衛隊いわき(市)自衛隊次郎長三国志