コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守田有秋 もりた ゆうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守田有秋 もりた-ゆうしゅう

1882-1954 明治-昭和時代の評論家。
明治15年3月5日生まれ。33年山川均(ひとし)と創刊した小雑誌「青年の福音」で皇太子の結婚を論じ,不敬罪で3年間入獄。のち東京二六新聞記者となる。昭和29年1月28日死去。71歳。岡山県出身。東京専門学校(現早大)中退。本名は文治著作に評論集「自然と人」,小説集「木のはのさゝやき」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

守田有秋の関連キーワード昭和時代評論家明治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android