コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安保自動延長 あんぽじどうえんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安保自動延長
あんぽじどうえんちょう

別名七十年安保問題。 1960年に改定された新日米安全保障条約は,その第 10条で条約は無期限とし,ただし 10年経過後は日米両国のいずれかが廃棄を通告すればその1年後に条約は終了すると規定している。その 10年目が近づいた 1960年代後半,七十年安保論が活発となったが,首相佐藤栄作は六十年安保闘争 (→安保改定問題 ) の再現を防ぐため,70年5月 23日になんらの新措置をとらず,自動的に条約の効力が延長,継続することとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

安保自動延長の関連キーワード国鉄労働組合

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安保自動延長の関連情報