安倍 能成(読み)アベ ヨシシゲ

20世紀日本人名事典の解説

安倍 能成
アベ ヨシシゲ

明治〜昭和期の教育者,哲学者 文相;学習院院長;一高校長。



生年
明治16(1883)年12月23日

没年
昭和41(1966)年6月7日

出生地
愛媛県松山市小唐人町

学歴〔年〕
東京帝大文科大学哲学科〔明治42年〕卒

主な受賞名〔年〕
読売文学賞(第9回・評論・伝記賞)〔昭和32年〕「岩波茂雄伝」

経歴
東大在学中から「ホトトギス」などに文芸評論を発表し、明治44年阿部次郎ら4人の合著「影と声」を刊行。大正2年「予の世界」を刊行し、以後「西洋古代中世哲学史」「西洋近世哲学史」「カントの実践哲学」などを刊行。その間、慶大、法政大などに勤務し、13〜15年ヨーロッパに留学。帰国後は京城大教授を経て、昭和15年一高校長に就任した。21年幣原内閣の文部大臣となるが、数ケ月で辞任。同年10月学習院長に就任し、戦後私立学校となった学習院の基礎固めに専念した。また、俳句は早くから夏目漱石の指導を受けるほか、高浜虚子松根東洋城にも接し「渋柿」にも筆を執った。著書に「静夜集」「朝暮抄」「思想と文化」「山中雑記」「時代と文化」「一日本人として」「我が生ひ立ち」「安倍能成選集」(全5巻 小山書店)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

安倍 能成
アベ ヨシシゲ


肩書
文相,学習院院長,一高校長

生年月日
明治16年12月23日

出生地
愛媛県松山市小唐人町

学歴
東京帝大文科大学哲学科〔明治42年〕卒

経歴
東大在学中から「ホトトギス」などに文芸評論を発表し、明治44年阿部次郎ら4人の合著「影と声」を刊行。大正2年「予の世界」を刊行し、以後「西洋古代中世哲学史」「西洋近世哲学史」「カントの実践哲学」などを刊行。その間、慶大、法政大などに勤務し、13〜15年ヨーロッパに留学。帰国後は京城大教授を経て、昭和15年一高校長に就任した。21年幣原内閣の文部大臣となるが、数ケ月で辞任。同年10月学習院長に就任し、戦後私立学校となった学習院の基礎固めに専念した。また、俳句は早くから夏目漱石の指導を受けるほか、高浜虚子、松根東洋城にも接し「渋柿」にも筆を執った。著書に「静夜集」「朝暮抄」「思想と文化」「山中雑記」「時代と文化」「一日本人として」「我が生ひ立ち」「安倍能成選集」(全5巻 小山書店)などがある。

受賞
読売文学賞(第9回・評論・伝記賞)〔昭和32年〕「岩波茂雄伝」

没年月日
昭和41年6月7日

家族
弟=安倍 恕(高裁長官)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

安倍 能成 (あべ よししげ)

生年月日:1883年12月23日
明治時代-昭和時代の教育者;哲学者。文部大臣;学習院院長
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android