安全保障理事会常任理事国(読み)あんぜんほしょうりじかいじょうにんりじこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安全保障理事会常任理事国
あんぜんほしょうりじかいじょうにんりじこく

安全保障理事会は常任理事国5,非常任理事国 10の計 15ヵ国のメンバーから成る。国連憲章第 23条により「中華民国,フランス,ソビエト社会主義共和国連邦,グレート・ブリテンおよび北部アイルランド連合王国,アメリカ合衆国は,安全保障理事会の常任理事国となる」と規定されており,この5大国は安全保障理事会の決定に関し拒否権が認められている。なお,1971年 10月から中華人民共和国が中華民国の議席を占めており,91年 12月からロシア連邦がソ連の議席を継承している。他方,非常任理事国はその他の加盟国のなかから,国際の平和と安全の維持に対する貢献,議席の衡平な地理的分配を考慮しながら国連総会で選挙する (任期2年,毎年半数改選,連続再選は不可) 。議席の地理的配分は 63年に決定されたもので,アジア2,アフリカ3,ラテンアメリカ2,西欧その他2,東欧1となっている。日本は,58年の初当選以来 93年までに7回つとめた。なお,国連総会は 92年 12月,安全保障理事会の構成を再検討する決議案を採択している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全保障理事会常任理事国の関連情報