コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安全器 アンゼンキ

デジタル大辞泉の解説

あんぜん‐き【安全器】

電気回路中に設ける危険防止器具。規定以上の電流が流れると自動的に回路を遮断する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

安全器【あんぜんき】

カットアウトスイッチともいい,電灯の引込口や分岐回路に使用される開閉器。磁器製の箱のふたを手動で開閉することにより回路を開閉する。ふたの内側にヒューズを取り付け(家庭用は通常15アンペア),自動的に超過電流を防ぐ。
→関連項目スイッチ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あんぜんき【安全器】

過度の電流が流れたときに回路を遮断して、回路の破損や危険を防止する装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安全器
あんぜんき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安全器の関連キーワードブレーカー安全装置破損装置

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android