コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋内配線 おくないはいせん interior wiring

3件 の用語解説(屋内配線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋内配線
おくないはいせん
interior wiring

家屋内の電気器具に,電気を供給するために施設する電線。近代的建築では充実した屋内配線を設備することが必須条件で,通常総建築費の1割以上を屋内配線費にあてることが必要とされている。住宅用には 100V/200V配電行われるが,ビルディングでは 400V級配電 (240V/415V) で供給するものが多くなってきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おくないはいせん【屋内配線 indoor wiring】

電灯,電動機,電熱器,各種電気機器などを使用するために,屋内に固定して張り巡らした電線およびこれに付帯する施設。住宅などでは比較的小規模で簡単な構成であるが(図1),ビル,工場など大規模な場合は設備容量も大きく1万kWを超すものもある。屋内配線の充実度はその建物の価値を大きく左右する。新設のときは将来の負荷増加を考えて,ある程度の余裕をもたせておくべきである。コンセントは,電気機器のコードを長く引き回すことなく,どこでも自由に使用できるようにするため数多く設けることが望ましい

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋内配線
おくないはいせん
indoor wiring

建築物内に施設される電気配線の総称。ただし、冷蔵庫、ルームクーラーなどの機器の内部配線、および機器に付属する移動電線類(コード類)は含まれない。使用される電気の性質により強電力線回路(強電)と弱電力線回路(弱電)とに大別されるが、強電力線回路だけを屋内配線とすることもある。強電とは電灯照明器具エレベーターなどの機器に電気エネルギーを供給するための配線をいい、弱電とは電話線、テレビ配線などの情報伝達、および各種の計測、制御の配線をいう。強電と弱電との区分は、普通、使用電圧で行われ、60ボルトを超え電力伝送に使用される電気回路を強電とし、60ボルト以下の電力エネルギーの小さい回路と、電力エネルギーの伝送を目的としないものを弱電とする。これを人体に比較すれば、強電は血管に相当し、弱電は神経系統に類似した働きをするといえる。しかし、現在では電気機器や設備の多様化により、強電、弱電と明確に分離しにくいものも出現しつつある。[越野一二・市川紀充]

配線の系統

屋内配線の系統の構成は、電源から負荷まで効率よく、しかも保守や運転が容易で、安全に電気の伝達を可能にする形態が要求される。現在もっとも普遍的な配線系統方式は、電源から幹線へ、幹線から分岐回路へと順次枝分れして区域ごとの電気負荷に配線する方法である。日本国内で電力会社から電気の供給を受ける場合は、一つの需要場所へは一つの電源の供給しか受けられないことになっており、これを「一使用区域一引込みの原則」といっている。これは配電系統が需要場所内で交錯することによる危険を防止し、また電気計量を確実にするためであり、配線系統は樹木のように、1本の根元から幹へ、さらに幹から枝へという形をとっている。超高層ビルのような巨大な負荷群では、幹線も大きくなり、1条だけでは技術的にも経済的にも問題となるので、負荷を上下垂直に数階ごとのグループに分けるか、平面的に数か所に分割し、それぞれのブロックに幹線を設備している。このような場合、大電力を使用電圧(低圧)で負荷まで配電すると、電線を極端に太くしなければならない。断面積の小さな導体で大電力を伝達するには、線路電圧を高くすることを必要とするので、3000~6000ボルトの高圧電気を採用し、これを高圧屋内配線といっている(400ボルトのこともある)。高圧屋内配線では、幹線の末端に分電盤が設備される。[越野一二・市川紀充]

分岐回路

分電盤は分岐回路と幹線の接続点にあたり、数~十数の分岐回路をつくる分岐開閉器が収納される。分電盤は金属または合成樹脂製の箱で、鋼板製では厚さ1.2ミリメートル以上、合成樹脂製では難燃性の厚さ1.5ミリメートル以上の耐アーク製のものから構成される。1分岐回路に接続する負荷の数は、理論的には無制限であるが、実際的には過電流や短絡事故などの場合に、故障部分の範囲を限定し、被害が設備全体に及ぶことを防ぐため、分岐回路の電流を制限する方法がとられる。小容量負荷の分岐回路は15~35アンペアの定格の配線用遮断器により保護され、接続される負荷の総電流量は遮断器の定格電流以下となるように設定する。一般住宅などの電灯、および定格容量2キロワット未満の小型機器では、対地電圧は単相2線式100~150ボルト、または単相3線式100~200ボルトである。住宅以外のビルなどの電灯や小型機器への配線は、単相2線式100ボルト、単相3線式100~200ボルト、および三相3線式100ボルトなどを用い、動力用には普通三相3線式200ボルトが用いられる。また、省エネルギー、省資源を目的とし、大容量の負荷群には三相4線式200~400ボルト配線が採用されることもある。この場合、配線に人が容易に触れるおそれのないように施設し、対地電圧は300ボルト以下とする。冷房機器などの大容量の負荷には三相3線式3000ボルト、または三相3線式6000ボルトで配線される。[越野一二・市川紀充]

工事

屋内配線の工事の種類は、低圧では、碍子(がいし)引き工事、合成樹脂線樋(せんぴ)工事、合成樹脂管工事、金属管工事、金属線樋工事、可撓(かとう)電線管工事、金属ダクト工事、バスダクト工事、フロアダクト工事、ライティングダクト工事、セルラダクト工事、およびケーブル工事などである。また、高圧屋内配線は碍子引き工事とケーブル工事に限られている。現在もっとも多く採用されているのは金属管工事とケーブル工事である。金属管には亜鉛めっきを施した鋼管が使用され、管壁の肉厚により厚鋼管、薄鋼管、および肉厚の薄いねじなし管などがある。また、黄銅管あるいは銅管の使用も許されている。金属管の特長は、管内に収容される電線を外傷から保護する能力に優れ、必要に応じて電線を交換することが容易なことにある。ケーブル工事は適応範囲の多い工法で、屋内外を通じて広く施工されており、屋内分岐配線にはビニル絶縁ビニル被覆のVVFケーブル(vinyl insulated vinyl sheathed flat-type cable)、VVRケーブル(vinyl insulated vinyl sheathed round-type cable)が使用され、前者はFケーブルといわれている。Fケーブルでの施工では、支障のない限り任意の場所にケーブルを引き回すことができるうえに、ステップルで支持するだけの簡便性により、多くの場所で採用される。住宅工事ではほとんどがVVF工事で施工されている。[越野一二・市川紀充]

電線・ケーブル

使用される絶縁電線には、引込み用ビニル絶縁電線(DV電線。D:drop wire、V:ポリ塩化ビニルPVC)、600ボルトビニル絶縁電線(IV電線。I:indoor、V:PVC)、600ボルトゴム絶縁電線(RB電線。R:rubber、B:braid)、高圧絶縁電線、引下げ用高圧絶縁電線、蛍光灯電線、接地用絶縁電線、回路用絶縁電線などがある。太さは、強電で直径1.6ミリメートル以上、弱電で直径1.2ミリメートル以上。ケーブルは、ビニル外装ケーブル、クロロプレン外装ケーブル、ポリエチレン外装ケーブル、鉛被またはアルミ被のあるケーブル、キャブタイヤケーブルおよびMIケーブルなどがおもなものである。[越野一二・市川紀充]

屋内設備

新材料の開発、新技術の応用は一般家庭にまで浸透しつつある。従来のスイッチ、コンセント、ソケットなどの簡単な配線器具にとどまらず、照明調光装置、自動開閉ドア、漏電警報遮断装置などに加え、室内空調自動調整装置、各種防犯装置なども設備されるようになり、これらを複合することで、さらに複雑多岐になりつつある。また、コンピュータとそのソフトウェアの進歩は、さらに多様な需要家(使用者)の要求を満たす方向にある。[越野一二・市川紀充]

法規

屋内配線は生活の場に密接して設備されるので、法律により安全の確保が図られている。電気事業法を基本法とした「電気設備技術基準」では、設備全般についての設計、施工についての水準が規定されている。「電気用品安全法」では、電気設備を構成する各種材料の構造、性能の基準が定められている。指定された品目について当局の認可を受けたものには、それぞれ印が表示され、それ以外のものは製造販売ならびに使用が禁ぜられている。「電気工事士法」では、施工者の技術水準を維持するため、電気工事士の免状の取得者以外の施工が禁止されている。[越野一二・市川紀充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屋内配線の関連キーワード交流電動機重電機電熱器加熱器熱器具整流子電動機オーム電機マジマ日本高圧電気日本電熱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋内配線の関連情報