安全文化(読み)アンゼンブンカ

デジタル大辞泉の解説

あんぜん‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【安全文化】

安全を最優先するという価値観行動様式組織の構成員が共有している状態。また、それを実現する組織のあり方をいう。セーフティーカルチャー
[補説]1986年のチェルノブイリ原発事故契機国際原子力機関IAEA)が提唱し、広く知られるようになった概念。組織全体や社会に深刻な影響を与えるような事故を未然に防ぐために共有すべき認識として、原子力以外の分野でも用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安全文化の関連情報