コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安心法門 あんじんほうもん

世界大百科事典 第2版の解説

あんじんほうもん【安心法門】

江戸初期の臨済僧沢庵宗彭が《少室六門集》のうちの安心法門に加えた注釈書。《六門集》は,古来,禅宗の祖菩提達磨の著書として伝えられ,心経頌,破相論,二種入,安心法門,悟性論,血脈論の六門からなる。沢庵はこのうちの安心法門を取りあげ,それを素材にして,自己の仏教論を語ったといえる。その課題は〈心〉のあり方の問題である。万物は〈心〉によって作り出されたもので,万物は〈空〉であるから,〈心〉から物を取り去れば無心になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android