コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安房神社遺跡 あわじんじゃいせき

世界大百科事典 第2版の解説

あわじんじゃいせき【安房神社遺跡】

千葉県館山市に鎮座する安房神社囲繞(いによう)する丘陵裾の諸所にあいた水食洞窟の一つで,1932年の発掘調査により,古墳時代初頭と考えられる人骨22体以上が発見された。洞窟は長さ6m,幅は最大2mほどで,奥壁から支窟へも通じている。内部に堆積した黒色土の下底部から人骨がまとまって出土したが,埋葬された状態を示すものではないらしい。このうち15体の成人骨に抜歯の風習がみられ,これらは上顎の第2切歯と犬歯下顎のすべての切歯を除去する手法に統一されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

安房神社遺跡の関連キーワード千葉県館山市

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android