コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲繞 イジョウ

デジタル大辞泉の解説

い‐じょう〔ヰゼウ〕【囲×繞】

[名](スル)まわりを取り囲むこと。いにょう。「町を囲繞する掘割

い‐にょう〔ヰネウ〕【囲×繞】

[名](スル)いじょう(囲繞)」に同じ。
「教室は八重桜の木で―されていて」〈藤村千曲川のスケッチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いじょう【囲繞】

( 名 ) スル

いにょう【囲繞】

( 名 ) スル
周りをとりかこんでいること。いじょう。 「山々に-された地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

囲繞の関連キーワード以・伊・位・依・偉・医・唯・囲・圍・夷・委・威・尉・已・帷・彙・怡・意・慰・易・椅・為・爲・畏・異・移・維・緯・縊・胃・萎・蝟・衣・違・遺・醫インド領通行権に関する事件民法の現代語化囲繞地通行権渡良瀬遊水地安房神社遺跡石人山古墳豪族屋敷村王(おう)住居侵入罪ブリュッヘゴイアス州ドルイド相隣関係錦衣玉食千曲川通行権ピュー囲繞地眷属

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android