コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安曇三国 あずみの みくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安曇三国 あずみの-みくに

?-? 奈良時代の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)武蔵国(むさしのくに)防人部領使(さきもりことりづかい)として筑紫(つくし)におもむく途中,防人がよんだ歌20首を大伴家持(おおともの-やかもち)におくった。その歌が「万葉集」巻20にみえる。天平宝字8年藤原仲麻呂(なかまろ)追討の功により従五位下となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安曇三国の関連キーワード天平勝宝奈良時代官吏