コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安本亀八(初代) やすもと かめはち

2件 の用語解説(安本亀八(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安本亀八(初代) やすもと-かめはち

1826-1900 幕末-明治時代の人形師。
文政9年生まれ。郷里肥後熊本の地蔵祭で等身大の写実的な生き人形を製作・展示し,松本喜三郎と腕をきそう。嘉永(かえい)5年大坂難波(なんば)新地で「いろは比喩(たとえ)」を興行。維新後は東京団子坂の菊人形や人気役者の似顔人形のほか,「東海道五十三駅(つぎ)」などを製作した。明治33年12月8日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安本亀八(初代)

没年:明治33.12.8(1900)
生年:文政9(1826)
幕末明治期の生人形師。熊本の仏師善蔵の子。同郷の松本喜三郎と競い合って,写実的な人形を美術品にまで高める努力をした。話題作の初めは,嘉永5(1852)年大坂の難波新地で興行した生人形「いろは比喩」である。明治8(1875)年には上海へ渡ってイギリス租界で約60体の人形を展示,中国大陸へ興行物を持って行った最初といわれた。15年東京で人気役者の似顔人形を見せたほか,「東海道五十三駅」や「鹿児島戦争実説」も制作した。晩年は長男に2代目を譲って亀翁と名乗った。<参考文献>安本亀八述「活人形の話」(『名家談叢』12~18号)

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安本亀八(初代)の関連キーワード森川杜園大仏師秋山平十郎伊豆蔵屋喜兵衛大江巳之助(4代)康吉小島与一田中紋阿中ノ子タミ松本喜三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone