コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊人形 きくにんぎょう

7件 の用語解説(菊人形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊人形
きくにんぎょう

色とりどりのキクの花を用い,種々に組合せて人物や鳥獣の形をつくり,観覧に供するもの。明治時代には,東京の本郷団子坂や浅草の花屋敷,両国の国技館,大阪の枚方,京都の亀岡,福島の二本松などの菊人形が有名であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

菊人形

花の部分を挿していると思われがちだが、花が小ぶりで茎が折れにくい特殊な「人形菊」を根ごと使う。菊を束ね、根に水苔(みずごけ)を巻いて作った「玉」を、網目状に組んだ人形の型に差し込み、茎をイグサで型に結んで菊を「着せる」。会期中は根に水をやって長持ちさせ、途中で花の「着せ替え」もする。

(2012-06-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きく‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【菊人形】

菊花で衣装部分をこしらえた人形。また、その見世物。主に歌舞伎当たり狂言に題材をとる。 秋》「夜風たつ―のからにしき/蛇笏

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

菊人形【きくにんぎょう】

菊細工の人形およびその見世物。キクの花,葉を組み合わせて衣装とし人形にまとわせ,多くは歌舞伎などの名場面に仕組んで飾り,見世物とする。文化年間江戸で始められ,毎年秋多くの見物客を集めた。
→関連項目武生[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きくにんぎょう【菊人形】

菊の花や葉を組み合わせ細工してつくった人形。古くは菊細工といった。多くは芝居の当り狂言を題材にしたりして,人気俳優の似顔につくったもの,劇や物語にしくんだもの,あるいは世相,流行,風俗などに取題したものや花鳥,動物類など種類はさまざまで見世物にする。起源ははっきりしないが,江戸時代の文化年間(1804‐18)前期に江戸麻布狸穴(まみあな)で始められ,続いて巣鴨の植木職の多い染井でも流行したという。やがて文化末年には巣鴨に菊細工を業とする家が50軒余も出現し,一枚刷りの番付が発行されるほどの隆盛を示したが,一時的な人気に終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きくにんぎょう【菊人形】

菊細工で衣装を飾った人形。物語や歌舞伎の当たり狂言、世相・風俗などに取材したものが多い。 [季] 秋。 「坂下では-が二三日前開業したばかりである/三四郎 漱石

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊人形
きくにんぎょう

人形の衣装を菊の花や葉を組み合わせてつくった細工物。古くは菊細工ともいった。芝居の当り狂言を題材にして人気俳優の似顔につくった生き人形の頭(かしら)を用いるようになってから菊人形とよぶようになった。劇や物語に仕組んだもの、世相風俗に取題したもの、鶴(つる)、唐獅子(からじし)など花鳥、動物類を扱ったものなど種類が多い。江戸時代、文化(ぶんか)年間(1804~18)前期、江戸で麻布狸穴(まみあな)の植木屋たちが手がけたのが始まりという。続いて巣鴨(すがも)の染井(そめい)の植木職の間でも流行、文化末年には巣鴨に菊細工を見せる家が50余軒も出現して、一枚摺(ず)りの番付が発行されるほどの隆盛を示した。1844年(弘化1)に巣鴨霊感院の会式(えしき)に「日蓮(にちれん)法難」などの菊細工の飾り物が評判になり、翌年には白山、駒込(こまごめ)、根津谷中(ねづやなか)一帯、団子坂(だんござか)を中心に見せ物として進出。植木職以外の家までがこの細工物を業とし、その数は60余軒に上った。
 明治期に入ってもこの催しは盛んで、毎年10月から11月にかけて見物させ、1875年(明治8)からは入場料をとるようになった。さらに1910年(明治43)には両国の国技館で電気応用の菊人形大会が催され、以後東京の秋の催し行事の一つとなった。団子坂の菊人形は明治末年まで残存した。現在では遊園地などの客寄せ用に行われているが、二本松(福島県)、笠間(かさま)(茨城県)、万松寺(名古屋)、亀岡(京都府)、枚方(ひらかた)(大阪府)などの菊人形が知られている。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊人形の関連キーワード組物コンビネーション織る菊細工組み合わせ・組み合せ編組掛花組垣寄木Combined Major

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊人形の関連情報