コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田蛙文 やすだ あぶん

2件 の用語解説(安田蛙文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田蛙文 やすだ-あぶん

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)・歌舞伎作者。
西沢一風の門人。享保(きょうほう)11年(1726)豊竹座上演の「曾我錦几帳(そがにしききちょう)」で浄瑠璃作者となり,並木宗輔と合作をつづけた。のち歌舞伎作者に転じ,立作者をつとめた寛保(かんぽう)2年の「雷神不動(なるかみふどう)北山桜」などおおくの作品がある。大坂を中心に活躍。通称は佐助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安田蛙文

生年:生没年不詳
江戸中期,上方で活躍した浄瑠璃作者,歌舞伎狂言作者。享保11(1726)年より18年まで,単独作2作以外は立作者並木宗輔の脇作者として合作。その後歌舞伎に転じ,大坂の諸座に出勤した。11年の「北条時頼記」は,豊竹座の不況挽回のため,西沢一風指揮のもと新進作者宗輔,蛙文渾身の作で,大当たりを取った。歌舞伎作品にも宗輔と合作したと推定される「大井川三組盃」がある。また「雷神不動北山桜」(1742)は市川海老蔵(2代目市川団十郎)が上坂した折,蛙文が立作者を勤めた作で,現代も形を変えつつ上演されている。<参考文献>『義太夫年表/近世篇1』,『日本庶民文化史料集成』7巻

(黒石陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安田蛙文の言及

【毛抜】より

…歌舞伎十八番の一つ。津打半十郎,安田蛙文らの合作。1742年(寛保2)1月大坂佐渡嶋座の《雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)》で,これ以前に上演されていた《不動(ふどう)》《鳴神(なるかみ)》とともに演じたのが初演。…

【雷神不動北山桜】より

…5段。津打半十郎,安田蛙文,中田万助合作。1742年(寛保2)正月大坂佐渡嶋長五郎座(大西)初演。…

※「安田蛙文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安田蛙文の関連キーワード上方浄瑠璃寄進浄瑠璃難波浄瑠璃伊藤柳枝堺善平戸川不琳浪岡鯨児並木丈輔並木良輔若竹笛躬