コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田蛙文 やすだ あぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田蛙文 やすだ-あぶん

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)・歌舞伎作者。
西沢一風の門人享保(きょうほう)11年(1726)豊竹座上演の「曾我錦几帳(そがにしききちょう)」で浄瑠璃作者となり,並木宗輔と合作をつづけた。のち歌舞伎作者に転じ,立作者をつとめた寛保(かんぽう)2年の「雷神不動(なるかみふどう)北山桜」などおおくの作品がある。大坂を中心に活躍。通称は佐助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安田蛙文

生年:生没年不詳
江戸中期,上方で活躍した浄瑠璃作者,歌舞伎狂言作者。享保11(1726)年より18年まで,単独作2作以外は立作者並木宗輔の脇作者として合作。その後歌舞伎に転じ,大坂の諸座に出勤した。11年の「北条時頼記」は,豊竹座の不況挽回のため,西沢一風指揮のもと新進作者宗輔,蛙文渾身の作で,大当たりを取った。歌舞伎作品にも宗輔と合作したと推定される「大井川三組盃」がある。また「雷神不動北山桜」(1742)は市川海老蔵(2代目市川団十郎)が上坂した折,蛙文が立作者を勤めた作で,現代も形を変えつつ上演されている。<参考文献>『義太夫年表/近世篇1』,『日本庶民文化史料集成』7巻

(黒石陽子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の安田蛙文の言及

【毛抜】より

…歌舞伎十八番の一つ。津打半十郎,安田蛙文らの合作。1742年(寛保2)1月大坂佐渡嶋座の《雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)》で,これ以前に上演されていた《不動(ふどう)》《鳴神(なるかみ)》とともに演じたのが初演。…

【雷神不動北山桜】より

…5段。津打半十郎,安田蛙文,中田万助合作。1742年(寛保2)正月大坂佐渡嶋長五郎座(大西)初演。…

※「安田蛙文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安田蛙文の関連キーワード中邑阿契安宅物毛抜鳴神

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android