コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西沢一風 にしざわいっぷう

8件 の用語解説(西沢一風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西沢一風
にしざわいっぷう

[生]寛文5(1665).大坂
[没]享保16(1731).5.24. 大坂
江戸時代中期の浮世草子作者,浄瑠璃作者。名,義教。通称,九左衛門。別号,西沢与志,朝義。父太兵衛は大坂の正本屋。『伝奇作書』の著者西沢一鳳は曾孫。若いときから書に親しみ,父の業を継ぐかたわら浮世草子を書き,西鶴の模倣から脱して古典の翻案などの新手を用い,長編物へと転じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にしざわ‐いっぷう〔にしざは‐〕【西沢一風】

[1665~1731]江戸中期の浮世草子・浄瑠璃作者。大坂の人。名は義教。西鶴以後の代表的浮世草子作者。また、正本(しょうほん)屋を営みながら、豊竹座で浄瑠璃を執筆。浮世草子「御前義経記」、浄瑠璃「北条時頼記」、著「今昔操年代記(いまむかしあやつりねんだいき)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西沢一風【にしざわいっぷう】

江戸中期の浮世草子浄瑠璃作者。通称九左衛門。大坂の書肆(しょし)。初め西沢与志。1720年ごろまで浮世草子を書き,伝奇的作風で,江島其磧と人気を二分していたが,やがて衰退。
→関連項目好色本並木宗輔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西沢一風 にしざわ-いっぷう

1665-1731 江戸時代前期-中期の浮世草子作者,浄瑠璃(じょうるり)作者。
寛文5年生まれ。大坂の書店正本屋をつぎ,演劇本などを出版。かたわら「御前義経記(ぎけいき)」などの浮世草子を執筆。のち豊竹座の座付作者となり,並木宗輔らとの合作「北条時頼記(じらいき)」は好評を博した。「今昔操(いまむかしあやつり)年代記」は浄瑠璃の故実・歴史書。享保(きょうほう)16年5月24日死去。67歳。名は義教。通称は九左衛門。別号に朝義,与志。
【格言など】命一つは露のかり物(「御前義経記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

西沢一風

没年:享保16.5.24(1731.6.28)
生年:寛文5(1665)
江戸時代の浮世草子作者,浄瑠璃作者,書肆。名は義教,九左衛門と称する。大坂の正本屋太兵衛の子。元禄11(1698)年前後に家業を継いだと思われるが,それ以前,すでに色茶屋案内記『茶屋諸分調方記』(1693)などを書いていたといわれる。元禄11年,浮世草子の処女作『新色五巻書』を出版。次作『御前義経記』(1700)が好評を博して,浮世草子に新風をおこした。一風の浮世草子は,近時の恋愛事件などを題材としたり,古典をやつし,演劇を利用することなどを特徴とするが,江島其磧との競争期を経て,其磧の浮世草子が主流になると,浮世草子からはほぼ退いた。享保8(1723)年,豊竹座の座付作者紀海音が引退すると,それに代わり,並木宗輔らと合作で浄瑠璃を執筆。享保11(1726)年初演の「北条時頼記」は大当たりをとった。<参考文献>長谷川強『浮世草子の研究』,原道生校訂『叢書江戸文庫』10巻

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしざわいっぷう【西沢一風】

1665‐1731(寛文5‐享保16)
江戸中期の大坂の本屋,浮世草子・浄瑠璃作者。名は義教,通称九左衛門。別号は与志,集楽軒,朝義。1699年(元禄12)ころより父の正本屋西沢太兵衛のあとを継ぎ,演劇・歌謡関係書を出版,後年は浄瑠璃本出版に力を入れた。若年より小説・演劇の愛好者で,演劇愛好心と本屋としての時好を見通す目とが結びつき,1700年刊《風流御前義経記(ごぜんぎけいき)》で,西鶴一辺倒の浮世草子界に新しい方向を開いた。この作によって古典色・演劇色導入による伝奇化,趣向重視,長編化の端緒を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしざわいっぷう【西沢一風】

1665~1731) 江戸中期の浮世草子・浄瑠璃作者。名は義教。大坂の書肆しよし。西鶴没後の関西の代表的作者。通俗的文体で八文字屋本の先駆をなす。浄瑠璃作者としては豊竹座に所属。著、浮世草子「御前義経記」「女大名丹前能」、浄瑠璃「北条時頼記」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西沢一風
にしざわいっぷう
(1665―1731)

江戸中期の浮世草子作者。本名義教(よしのり)。別号与志(よし)、朝義(あさよし)。大坂の本屋西沢太兵衛の子で、1699年(元禄12)ごろより正本屋(しょうほんや)九左衛門を称し、演劇、歌謡書の出版を業とする。一方、浮世草子作者として、98年『新色五巻書(しんしきごかんじょ)』をはじめとし、代表作『御前義経記(ごぜんぎけいき)』(1700)などを執筆し、同時期の江島其磧(えじまきせき)と対抗して浮世草子界に新機運を開いた。しかし、1710年(宝永7)ごろより活動は低調となり、23年(享保8)ごろからは豊竹(とよたけ)座の作者として、『北条時頼記(じらいき)』(1726)などの浄瑠璃(じょうるり)を若い作者と協力してつくり、『今昔操年代記(いまむかしあやつりねんだいき)』(1727)という浄瑠璃の歴史、故実書をも出している。享保(きょうほう)16年5月24日没。[長谷川強]
『野間光辰校注『日本古典文学大系91 浮世草子集』(1966・岩波書店) ▽長谷川強著『浮世草子の研究』(1969・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西沢一風の関連キーワード月尋堂錦文流八文字屋自笑並木良輔八文字屋自笑(初代)八文字屋瑞笑林義端本多月楽山田案山子山の八

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone