コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹座 とよたけざ

6件 の用語解説(豊竹座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹座
とよたけざ

義太夫節人形浄瑠璃の代表的劇場。竹本義太夫 (筑後掾) の門弟,1世豊竹若太夫 (越前少掾) が,元禄 16 (1703) 年大坂道頓堀に創立。以後約 60年間,竹本座に対抗して人形浄瑠璃全盛期の一方の旗頭となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とよたけ‐ざ【豊竹座】

人形浄瑠璃の劇場。元禄16年(1703)初世豊竹若太夫が大坂道頓堀に創設。西の竹本座に対して東の芝居とよばれ、人形浄瑠璃の極盛期をもたらしたが、明和2年(1765)閉座。若太夫芝居。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

豊竹座【とよたけざ】

江戸時代の大坂道頓堀の人形浄瑠璃の劇場。若太夫芝居,東の芝居ともいった。豊竹若太夫が1703年創設。竹本座に次いで,義太夫節の人形浄瑠璃の櫓(やぐら)幕をあげた。
→関連項目紀海音並木宗輔西沢一風人形浄瑠璃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とよたけざ【豊竹座】

人形浄瑠璃の劇場。竹本座にたいする。1703年(元禄16),竹本義太夫の門弟竹本采女(うねめ)が独立,豊竹若太夫(のち上野少掾,越前少掾)と改名して道頓堀に開設した。いったん失敗したが,07年(宝永4)に紀海音座付作者に,人形の辰松八郎兵衛を相座本にむかえて再興した。24年(享保9)の大坂の大火で焼失する出来事もあったが,《北条時頼(じらい)記》などが大入りして隆盛におもむいた。また海音のあと,西沢一風並木宗輔安田蛙文らが合作者として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とよたけざ【豊竹座】

人形浄瑠璃の劇場。初世竹本義太夫の門人豊竹若太夫(竹本采女)が1703年7月大坂道頓堀に創設。一度挫折ざせつしたが復興。作者に紀海音きのかいおんを迎え、「東の芝居」として、西の竹本座とともに人形浄瑠璃の発展に貢献。65年廃座。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊竹座
とよたけざ

人形浄瑠璃(じょうるり)の劇場。初世竹本義太夫(ぎだゆう)の弟子、豊竹若太夫(わかたゆう)(後の豊竹越前少掾(えちぜんのしょうじょう))が1703年(元禄16)7月大坂・道頓(どうとん)堀に創設、興行成績振るわず一時中絶したが、1707年(宝永4)人形遣いの辰松(たつまつ)八郎兵衛を相(あい)座本に、作者に紀海音(きのかいおん)を迎え、陣容を整えて再興。『鎌倉三代記』『北条時頼記(じらいき)』などで大当りをとり、しだいに隆盛に赴き、やがて竹本座に対抗して浄瑠璃界を二分する勢力となった。海音ののちは西沢一風(いっぷう)、並木宗輔(そうすけ)(竹本座で並木千柳(せんりゅう))、浅田一鳥(いっちょう)、豊竹応律(おうりつ)、若竹笛躬(ふえみ)らが作者として活躍、越前少掾以後の太夫は豊竹姓を名のり、はでな豊竹座の芸風をつくりあげた。世間ではこれを東風(ひがしふう)といい、じみな竹本座のそれを西風と称した。1764年(明和1)の越前少掾の没後、歌舞伎(かぶき)に押されて衰退を支えきれず、翌年8月退転した。その後一時北堀江市(いち)の側(かわ)に豊竹座の名を復活したこともある。[山本二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の豊竹座の言及

【義太夫節】より

…竹本義太夫の後継者となった竹本政太夫(播磨少掾)によって,人間,とくに情を深く語るという義太夫節の特色がいっそう明確になった。一方,1703年(元禄16),音楽性を重んずる豊竹若太夫(越前少掾)は豊竹座をたてて独立したが,やがて紀海音を作者に得て,竹本座と対抗した。享保10年代(1725‐34)には,現行の義太夫節の基本のかたちができた。…

【紀海音】より

…《貞柳伝》に海音の放蕩(ほうとう)と,豊竹若太夫芝居の浄瑠璃作者で紀海音と号した記載がある。若太夫と海音とが協力した豊竹座作者時代は,1707年(宝永4)暮の豊竹座再興のとき座付作者となって以来,23年(享保8)の《傾城無間鐘》まで続く。芝居引退,父の没後は兄貞柳に代わって鯛屋の経営に努め,34年,貞柳の没した後は鯛屋を養子忠七に任せ,高津菩提庵に隠居,俳諧以外に狂歌をも作った。…

【菅専助】より

…医師の子に生まれたが,義太夫節を好み,2世豊竹此太夫の門に入って,豊竹光太夫を名のる太夫として出発した。1761年(宝暦11)には豊竹座で此太夫と同座,以後もほとんど此太夫と行動を共にしている。65年(明和2)8月,豊竹座が退転し,此太夫は翌年8月豊竹此母座を結成,同年冬北堀江市の側に豊竹此吉座本の新芝居を興した。…

【竹本座】より

…筑後掾(義太夫)没後の危機も,《国性爺合戦》の成功や竹本政太夫(播磨少掾)らの活躍で切りぬけた。近松亡きあと,出雲,松洛,文耕堂ら合作による人形浄瑠璃の名作が,此太夫(筑前少掾),2世政太夫や人形の吉田文三郎らで上演され,豊竹座と競いつつ盛況をきわめた。豊竹座の東風に対して,地味で写実的な竹本座の浄瑠璃の様式は西風とよばれ(),人間を深く表現した。…

【人形浄瑠璃】より

…同時に近松は,雄大,華麗に時代物にも健筆をふるい,《酒呑童子枕言葉》《傾城反魂香》《平家女護島》など100作近くを著したが,特に15年(正徳5)《国性爺合戦》は,17ヵ月続演の画期的大当りをとり,初代義太夫没後の竹本座の基礎を固め,この成功を契機として,18世紀前半の上方演劇界で,浄瑠璃は歌舞伎を圧し,現代劇の首座を占めるに至る。
[浄瑠璃全盛期――1720年代~1751年]
 1703年初代義太夫の門弟豊竹若太夫(越前少掾)は,竹本座から独立し豊竹座を創立,持ち前の美声と経営的手腕で地歩を固め,初代義太夫,近松没後の浄瑠璃界は竹豊両座対抗の時代を迎えた。両座の競争により浄瑠璃界はいっそう活気を帯び,享保後半~寛延期(1726‐51)25年間に,現在の文楽や歌舞伎の主要演目となる名作が次々と初演されるが,近松・紀海音(1723年(享保8)以前の豊竹座作者)時代と異なり,これらの作品の多くは合作制により生み出された。…

※「豊竹座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊竹座の関連キーワード義太夫節竹本座操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座竹本流内海繁太郎桐竹門三郎田中小八鶴沢友路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone