コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積沼 あさかのぬま

世界大百科事典 第2版の解説

あさかのぬま【安積沼】

読本。角書(つのがき)〈復讐奇談〉。山東京伝著。北尾重政画。1803年(享和3)刊。半紙本5冊,別名《小幡小平次(こはだこへいじ)死霊物語》。京伝の2作目の長編読本で,歌舞伎俳優玉川歌仙,実は里見浪人安西喜内の息子喜次郎(のち山井波門と改名)の敵討の苦心,そして大和郷士穂積家の娘鬘児(かつらこ)との恋を物語の主筋にし,近世初期に実在した俠客,俳優,名僧などの挿話を交えつつ,安積山伝説,絵姿女房民話,絞纈(こうけつ)城伝説等によって構成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone