コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡小平次 コバタコヘイジ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡小平次 こはだ-こへいじ

山東京伝の読み本「復讐奇談安積沼(ふくしゅうきだんあさかのぬま)」の主人公。
江戸の役者。後妻のお塚と密通した鼓(つづみ)打ちの安達左九郎に安積沼で殺され,怨霊(おんりょう)となって二人をとり殺す。のちこの後日談の合巻「安積沼後日仇打(あだうち)」がかかれ,講談,歌舞伎などで「小平次物」という一系統を生んだ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こばたこへいじ【小幡小平次】

〔「こはだこへいじ」とも〕 怪談話の主人公。女房の情人に殺され安積あさかの沼に沈められた旅役者。山東京伝作の読本「復讐奇談安積沼あさかのぬま」を原拠とする。四世鶴屋南北作「彩入御伽草いろえいりおとぎぞうし」、河竹黙阿弥作「怪談木幡小平次」などの歌舞伎に脚色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小幡小平次の言及

【生きてゐる小平次】より

…1925年(大正14)6月東京新橋演舞場初演。配役は小幡小平次を13世守田勘弥,那古の太九郎を6世尾上菊五郎,太九郎妻おちかを市川鬼丸(後の3世尾上多賀之丞)。山東京伝の合巻《復讐奇談安積沼(ふくしゆうきだんあさかぬま)》,4世鶴屋南北の《彩入御伽艸(いろえいりおとぎぞうし)》,黙阿弥の《怪談小幡小平次(かいだんこはだこへいじ)》などに材を仰ぐが,なお本作品が間接的影響を受けたものとして谷崎潤一郎作《お国と五平》(1922初演)が考えられる。…

※「小幡小平次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小幡小平次の関連キーワード生きてゐる小平次川田 芳子原拠お岩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android