コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤重長 あんどう しげなが

1件 の用語解説(安藤重長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤重長 あんどう-しげなが

1600-1657 江戸時代前期の大名。
慶長5年生まれ。外祖父安藤重信(しげのぶ)の養子となり,徳川秀忠・家光につかえる。元和(げんな)7年家督をつぎ,上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主安藤家2代となる。書院番頭(ばんがしら),寺社奉行,奏者番をつとめた。寛永9年徳川秀忠の子忠長をあずかったが,翌年忠長は自害した。明暦3年9月29日死去。58歳。本姓は本多。初名は重貞。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の安藤重長の言及

【高麗橋】より

…東区の高麗橋詰町と高麗橋1丁目とを東西に結ぶ。創架年代は未詳であるが,東横堀川は豊臣秀吉の大坂城下町建設にともない,1585年(天正13)に開削された運河であること,1615年(元和1)大坂夏の陣のとき,安藤重長が戦利品として持ち帰ったという〈慶長九年甲辰八月吉日,御大工奉行吉久〉と刻銘の擬宝珠が現存し,高麗橋またはその前身の橋の擬宝珠と推定されていることなどから,近世初頭とする説が有力。江戸時代には難波(なにわ)三大橋と称された天満橋,天神橋,難波橋など11橋とともに,幕府の費用で改築・修理する公儀橋に指定されていた。…

※「安藤重長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

安藤重長の関連キーワード火消浄瑠璃デンマーク文学佐渡国地質学幡随院長兵衛幡随院長兵衛江戸板倉重宗河村瑞賢

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone