安見元勝(読み)やすみ もとかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安見元勝 やすみ-もとかつ

?-? 江戸時代前期の銃術家。
加賀金沢藩士。大坂の陣では藩主前田利常にしたがい,功をたてる。武芸にすぐれ,とくに銃術にひいで田付景澄(たつけ-かげずみ),稲富一夢とともに鉄砲の三名人にかぞえられた。寛永10年(1633)罪をこうむり能登(のと)(石川県)に流され,数年後同地で没した。通称は右近,隠岐(おき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android