コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右近 ウコン

5件 の用語解説(右近の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

う‐こん【右近】

右近衛府(うこんえふ)」の略。⇔左近
右近の橘(たちばな)」の略。
[補説]曲名別項。→右近

うこん【右近】[謡曲]

謡曲。脇能物観世宝生流。世阿弥作、観世小次郎信光加筆。鹿島の神職が、京都右近の馬場で桜葉明神と会い、共に花を賞する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

右近 うこん

?-? 平安時代中期の歌人。
藤原季縄(すえただ)の妹,一説に娘。醍醐(だいご)天皇の中宮藤原穏子(おんし)につかえる。天徳4年(960)の内裏歌合わせなどに参加。歌は「大和物語」「拾遺和歌集」などにみえる。
【格言など】忘らるる身をば思はず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな(「小倉百人一首」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うこん【右近】

「右近衛府うこんえふ」の略。 ↔ 左近
「右近の橘」の略。

うこん【右近】

平安中期の歌人。藤原季縄の女むすめ。醍醐天皇の中宮穏子の女房。主に村上朝歌壇で活躍。男に忘れられる身を嘆く歌を残す。「後撰和歌集」以下の勅撰集に九首入集。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

右近の関連情報