コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右近 ウコン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

右近 うこん

?-? 平安時代中期の歌人。
藤原季縄(すえただ)の妹,一説に娘。醍醐(だいご)天皇の中宮藤原穏子(おんし)につかえる。天徳4年(960)の内裏歌合わせなどに参加。歌は「大和物語」「拾遺和歌集」などにみえる。
【格言など】忘らるる身をば思はず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うこん【右近】

「右近衛府うこんえふ」の略。 ⇔ 左近
「右近の橘」の略。

うこん【右近】

平安中期の歌人。藤原季縄の女むすめ。醍醐天皇の中宮穏子の女房。主に村上朝歌壇で活躍。男に忘れられる身を嘆く歌を残す。「後撰和歌集」以下の勅撰集に九首入集。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

右近の関連キーワード福井県南条郡南越前町河野奈良県宇陀市榛原区澤左近の桜・右近の橘掻い放つ・搔い放つ大阪府高槻市大手町キリシタン大名右近 権左衛門細川ガラシャ高槻[市]大原 重徳下毛野公助西川 司津佐佐木徳綱加賀山隼人左近の馬場久保倉弘宣右近衛少将右近衛大将右近衛中将高山長房

右近の関連情報