右近(読み)ウコン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

右近 うこん

?-? 平安時代中期の歌人。
藤原季縄(すえただ)の妹,一説に娘。醍醐(だいご)天皇の中宮藤原穏子(おんし)につかえる。天徳4年(960)の内裏歌合わせなどに参加。歌は「大和物語」「拾遺和歌集」などにみえる。
【格言など】忘らるる身をば思はず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うこん【右近】

「右近衛府うこんえふ」の略。 ⇔ 左近
「右近の橘」の略。

うこん【右近】

平安中期の歌人。藤原季縄の女むすめ。醍醐天皇の中宮穏子の女房。主に村上朝歌壇で活躍。男に忘れられる身を嘆く歌を残す。「後撰和歌集」以下の勅撰集に九首入集。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右近の関連情報