コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田付景澄 たづけ かげずみ

3件 の用語解説(田付景澄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田付景澄 たづけ-かげずみ

1556-1619 織豊-江戸時代前期の砲術家。
弘治(こうじ)2年生まれ。田付流砲術の創始者。摂津三田(さんだ)(兵庫県)で砲術を修業し,稲富一夢(いちむ),安見元勝とともに鉄砲三名人と称された。慶長18年徳川家康の家臣となり,下総(しもうさ)香取郡に領地をあたえられ,大坂夏の陣にくわわった。元和(げんな)5年10月14日死去。64歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。通称は兵庫助。号は宗鉄。著作に「求中集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田付景澄

没年:元和5.10.14(1619.11.19)
生年:弘治2(1556)
江戸前期の砲術家。田付流砲術の創始者。通称は兵庫助,宗鉄と号した。近江国田付村(滋賀県彦根市田附町)の出身で,父美作守景定が織田信長によって自害させられたため,摂津国三田に住み砲術を修めた。当時は稲富一夢(祐直),安見右近と並んで鉄砲の三名人と噂が高かったという。慶長18(1613)年徳川家康に召し出され土井利勝に属して大坂城の砲撃に参加した。子孫は幕末に至るまで相次いで鉄砲方を勤めた。<著作>『求中集』2巻,『後求中集』5巻

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田付景澄
たつけかげすみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田付景澄の関連キーワード浅香朝光梅沢与一兵衛荻野安重奥重吉黒田十兵衛田付四郎兵衛種田木工助西村忠次久松土岐太郎薬師寺種永

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone