安達清風(読み)あだち せいふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「安達清風」の解説

安達清風 あだち-せいふう

1835-1884 幕末-明治時代武士,開拓者。
天保(てんぽう)6年3月23日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。昌平黌(しょうへいこう)にはいり,水戸で会沢正志斎にまなぶ。神発流砲術教授,京都留守居をつとめ,尊攘(そんじょう)運動に参加。維新後,岡山県の日本原開墾につくした。明治17年9月15日死去。50歳。初名は忠貫。字(あざな)は子孝通称は志津馬,清一郎。号は竹堂,竹処など。日記に「安達清風日記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典 「安達清風」の解説

安達 清風 (あだち せいふう)

生年月日:1835年3月23日
江戸時代;明治時代の鳥取藩士
1884年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android