コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安部竜平 あべ りゅうへい

2件 の用語解説(安部竜平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安部竜平 あべ-りゅうへい

1784-1850 江戸時代後期の蘭学者。
天明4年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士安部忠内の養子となり,青木興勝(おきかつ),志筑(しづき)忠雄にまなぶ。文政11年藩主黒田斉清(なりきよ)とシーボルトとの問答録「下問雑載」を筆録した。嘉永(かえい)3年3月25日死去。67歳。名は正能,竜。字(あざな)は士魚。号は蘭畝,蘭圃。著作はほかに編著「海寇窃策(かいこうせっさく)」,訳書「新宇小識(しんうしょうしき)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安部竜平

没年:嘉永3.3.25(1850.5.6)
生年:天明4(1784)
江戸後期の蘭学者。字は士魚,名は竜。蘭畝,蘭圃(甫)と号す。筑前国(福岡県)の微賤の生まれだが,福岡藩士の養子となり,のち士籍に列せられた。青木興勝,次いで長崎の志筑忠雄に蘭学を学び,志筑の口述訳『二国会盟録』(ネルチンスク条約締結の記録)を筆記,補述した。文政2(1819)年に直礼城代組となり,のち藩主黒田斉清の蘭学指南役を務めた。編著に斉清とシーボルトの本草学上の問答録『下問雑載』(1828),斉清の海防論を増補した『海寇窃策』,蘭書による南北アメリカ地誌『新宇小識』がある。訳述態度は批判的で,シーボルトの日本人種論に対し「我日本人ハ神孫タルコト外夷ノ人ノ知ルベキニアラズ」と反発するなど,強気な性格もうかがえる。<参考文献>井上忠「福岡藩における洋学の性格」(『日本洋学史の研究』Ⅰ)

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安部竜平の関連キーワード上田仲敏高橋波藍村井三益諸木蔀山斎藤抱山蘭学階梯海上随鴎木村軍太郎佐々木元俊下間良弼

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone