コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安部竜平 あべ りゅうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安部竜平 あべ-りゅうへい

1784-1850 江戸時代後期の蘭学者。
天明4年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士安部忠内の養子となり,青木興勝(おきかつ),志筑(しづき)忠雄にまなぶ。文政11年藩主黒田斉清(なりきよ)とシーボルトとの問答録「下問雑載」を筆録した。嘉永(かえい)3年3月25日死去。67歳。名は正能,竜。字(あざな)は士魚。号は蘭畝,蘭圃。著作はほかに編著「海寇窃策(かいこうせっさく)」,訳書「新宇小識(しんうしょうしき)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安部竜平

没年:嘉永3.3.25(1850.5.6)
生年:天明4(1784)
江戸後期の蘭学者。字は士魚,名は竜。蘭畝,蘭圃(甫)と号す。筑前国(福岡県)の微賤の生まれだが,福岡藩士の養子となり,のち士籍に列せられた。青木興勝,次いで長崎の志筑忠雄に蘭学を学び,志筑の口述訳『二国会盟録』(ネルチンスク条約締結の記録)を筆記,補述した。文政2(1819)年に直礼城代組となり,のち藩主黒田斉清の蘭学指南役を務めた。編著に斉清とシーボルトの本草学上の問答録『下問雑載』(1828),斉清の海防論を増補した『海寇窃策』,蘭書による南北アメリカ地誌『新宇小識』がある。訳述態度は批判的で,シーボルトの日本人種論に対し「我日本人ハ神孫タルコト外夷ノ人ノ知ルベキニアラズ」と反発するなど,強気な性格もうかがえる。<参考文献>井上忠「福岡藩における洋学の性格」(『日本洋学史の研究』Ⅰ)

(鳥井裕美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

安部竜平の関連キーワードテーラー逃亡奴隷法ゴールド・ラッシュ縮合ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android