コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安都雄足 あとの おたり

2件 の用語解説(安都雄足の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安都雄足 あとの-おたり

?-? 奈良時代の官吏。
東大寺写経所の舎人(とねり)をへて越前(えちぜん)の史生(ししょう)となり,東大寺の北陸荘園の経営にあたる。天平宝字(てんぴょうほうじ)2年(758)造東大寺司主典(さかん)となり,のち石山寺の造営などにもあたった。阿刀男足,安刀男足,阿刀小足ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安都雄足

生年:生没年不詳
奈良時代の下級官人。東大寺などの造営にかかわり,正倉院文書,東大寺東南院文書などに多く名を残す。阿刀小足,安刀男足などとも書く。山背国紀伊郡拝志郷(京都市東山区・伏見区)出身かという。天平20(748)年9月東大寺写経所舎人と初めてみえ,天平勝宝6(754)年から天平宝字2(758)年1月ごろまで越前国(福井県)史生として東大寺領荘園の経営にかかわる。同年3月以降,造東大寺司主典正八位上。次いで宝字3,4年に法華寺阿弥陀浄土院,同6年に石山寺(大津市)の造営に当たり,同8年1月を最後に文書から姿を消す。雄足の職務と結びついた流通経済での私富形成が注目されつつあり,律令国家の下級役人像の好素材となっている。<参考文献>鬼頭清明『日本古代都市論序説』

(原秀三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安都雄足の関連キーワード官人下級官庁重衡奈良版東大寺造営両国凡判麻呂上馬養実忠道守床足品治部広耳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone