コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安高 あんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安高 あんこう

?-? 平安時代前期の僧。
大和(奈良県)元興(がんごう)寺にすむ。嘉祥(かしょう)2年(849)信海尼の遺言により,観法連名で宇治の華厳院(けごんいん)(法華寺尼公院(にこういん))に土地を奉納した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安高の関連キーワード玉城 盛義陝西(省)近藤 和彦亀谷 聖馨石井一久太田雄貴上野 瞭全羅北道富樫泰高阿部勇樹衣笠祥雄小田孔明蘆嶺山脈手賀沼

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安高の関連情報