コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋赤絵 ソウアカエ

3件 の用語解説(宋赤絵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐あかえ〔‐あかヱ〕【×宋赤絵】

中国、宋代(金代)に作られた上絵付け陶器。化粧掛けした素地(きじ)に透明な釉(うわぐすり)をかけ、その上から赤・緑・黄などの顔料で花鳥などを描いたもので、赤絵の先駆をなす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうあかえ【宋赤絵】

中国宋代(金代)に創始された赤絵陶器。素地きじに白化粧し、釉うわぐすりの上から赤・黄・緑の顔料で花鳥などの簡素な文様を描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋赤絵
そうあかえ

中国の絵付(えつけ)陶器の一種。宋時代(正しくは金(きん)時代)に世界に先駆けて発明された陶法で、赤絵とは、白地透明釉(ゆう)陶磁の釉面に独特の絵の具をのせ、低火度の錦窯(きんがま)で焼き付ける加飾法。中国では五彩とよび、日本では赤絵のほか、錦手(にしきで)、色絵ともいう。
 赤絵技法は金時代の12世紀末に磁州窯系の窯で創始された。白化粧素地(きじ)にほのかにクリーム色を帯びた透明釉をかけ、赤、緑、黄の三色の上絵の具を用いて、巧みな筆致で明るく愛らしい草花、水禽(すいきん)、文字文様などを描いたもので、ことのほか愛陶家の間で人気が高い。東京国立博物館、大阪市立東洋陶磁美術館には金代の泰和元年(1201)銘の宋赤絵碗(わん)が蔵され、最古の紀年銘資料となっている。焼造窯では山東省の徳州窯、山西省の高平八義鎮(こうへいはちぎちん)窯、河南省禹(う)(はい)村窯、登封曲河(とうほうきょくか)窯などが知られるほか、作風から、元(げん)時代(13~14世紀)にも焼造されたことがわかる。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宋赤絵の言及

【赤絵】より

…最も古い遺例では南宋時代華北に勢力をのばしてきた金の年号泰和元年(1201)銘のある碗が知られている。この期のものを宋赤絵と呼んでいるが,牡丹や水禽文を赤を主とし緑と黄を加え筆少なに描いている。その後この技法は華北一帯の民窯,磁州窯系の陶技として改良普及され,明代の初期には当時磁器焼造の中心地であった景徳鎮窯にも導入されたものと見られている。…

※「宋赤絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宋赤絵の関連キーワード上絵付け五彩呉須赤絵下絵付け上絵上絵屋絵付け宣徳火鉢後絵付け須田菁華(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone